FC2ブログ

エロ体験談おきばっ!

春だけど春が来ないので><;せめてエロ画像には不自由しないよう集めた体験談をちょっとづつ公開していきます。あ、画像は全てイメージです。投稿も受け付けますのでよろしかったらok-iba@hotmail.co.jpにどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょっと変わった出会い系、女性に選ばれる

今回利用したサイトはちょっと変わっています。(詳細はこちら)
男性からはメール出来なくて、ひたすら女性からの逆ナンパを待つのです。
で、登録したことさえ忘れてしまった頃になって、メールが来ました。

最初はあまりにも積極的なメールなのでサクラだと思ってしまいました。

「危険な事する勇気ってありますか?朝からいきなりって思うかもしれないですけど、夫を送り出し暇になったので甘い妄想にふけっています(^_^)私の眠ってる部分を引き出してくれそうなけいたさんとなら、あとは成り行きでもいいって思っていますので情事に溺れてみませんか?」

サクラっぽいと思いましたが、今回のサイトは完全無料なので面白半分で返信してみました。「英花さん、メールありがとう。僕は仕事柄、時間の都合が付けやすいのでいつでもOKです。英花さんはどこに住んでいますか?近いといいのですが。」

するとこんな返事が

「お返事ありがとう。私は○○に住んでいます。けいたさんはどちらですか?もう短労直入に言うと、夫とは週に一回あればいいほうで…かなり欲求不満なんです。今日はお休みなんですね。どこか連れて行ってくれますか?」

○○は車で1時間程度だったし、話が噛み合うのでこれは本物かと思ってまた返信。

「う~ん、週1ではさびしいかな。旦那さんはおいくつですか?僕は今日は休みですよ。遊びに行きましょう。何時頃にどこに迎えに行けばいいですか?」

するとこんな返事が。

「毎日でもしたいのに週1なんてひどいですよね!主人はひとつ上です。いつも疲れたばっかりなんですよ。けいたさんはお休みなんですか。なにをされているのですか?」

まあ、こんな感じで世間話が続きました。
いい加減おいらもしびれを切らしてこんなメールを送ってみました。

「そろそろお昼ですね。一緒に食事でもいかがですか?」

で、返事は「いいですね。行きましょう」とあっさりOK。

英花さんは「スープカレーが食べたい」とのことだったのでネットで検索して割と有名らしいお店を発見しました。

時間と待ち合わせ場所を決めるついでに、写メと携帯アドレスをゲット。
ついでに近場のラブホテルを『ラブホテルマップ』で検索。
備えあれば憂い無しです。

今回は電車で移動して待ち合わせの場所へ。
おいらはちょっと遅れてしまったのですが、英花さんもまだ来ていませんでした。

待つこと15分。

英花さんが到着しました。

おしゃれなお姉さんという感じで、とても人妻には見えません。
「遅れてごめんなさい。出るときに友達からメールが来てしまいました。」

時間に遅れても平気な顔をしている人も多いけど、英花さんは違いました。
好感度アップです。

午後1時を過ぎていたけど、スープカレーの店は混んでいました。
でも、待たされることも無く座れましたけどね。
そして本日のおすすめメニューを食べながらサッカーの話などをしました。
本当は最初にもらったメールの「情事に溺れてみませんか?」について話したっかのですが。。。
そこで、食後のコーヒーを飲みながら「もっと落ち着いて話せるところに行きませんか?」と誘ってみました。

英花さんは気が付いたのかは分かりませんが「ホテルに行きましょう」という意味です。
「そうですね」とにっこりしてくれました。

そして店を出たのですが、ホテルの場所を事前に調べておいて正解でした。
目立たない看板だったのでホテルの前に来るまで分かりませんでした。

「ここなんですけど・・・」と言うと英花さんは「あ、はい」とだけ。

ダメとは言わなかったので、肩を抱いてホテルに入りました。
10部屋くらいあったのですが、1部屋しか空いていませんでしたよ。
昼間からなんということでしょう!
他人のことは言えないけど(苦笑)

部屋に入ると、ふと会話が途切れてしまいました。
英花さんは緊張しているみたいです。

そこで「ビールでも飲みますか?」と言うと、ちょっと考えて「・・・じゃあ少しだけ」

話は変わりますが、休憩が2時間までって短いと思いませんか?
おいらはせわしないのは苦手です。3時間は欲しいです。

話を戻して、時間が無いので風呂にお湯を入れに行きました。
戻ってきたおいらは英花さんに密着するように座りました。
そして軽くほっぺたにキス。
英花さんは下を向いてしまいました。

でも、今度は唇にキス。

f次に抱きしめながらディープキス。

手はおっぱいへ。

今まで気が付かなかったけど意外と大きいおっぱいでした。

お風呂に一緒に入りたかったけど、これは断られてしまいました。残念。。。

英花さんに先に入ってもらって、おいらはタバコを一服。

湯上りの英花さんは髪を束ねていました。
うなじが色っぽかったです。

で、おいらもシャワーへ。
ちんこを念入りに洗って戻ると、英花さんは緊張気味に座っていました。

ビールを飲んでからまた密着して座り、キスをしました。
そして「ベットに行こう」と囁いて、手を取ってベットへ。
布団に入った彼女の浴衣を脱がせて全身にキス。

おいらも浴衣を脱いで、きつく抱き締めました。
モチモチとした肌がとても気持ち良かったですよ。

おっぱいを揉みながら「結構大きいね」と言うと「最近垂れてきちゃった」と答えましたが、充分形も良いおっぱいでした。

乳首を舌でころがしながら、右手をあそこに持っていくとちょっとだけ濡れていました。

まずは手のひら全体であそこをもみもみ。
次にゆっくりと開いてクリトリスを刺激。
充分に濡れたところで指を挿入。
Gスポット攻撃。
英花さんは少しずつ喘ぎだしました。
そして、布団を剥いでクンニ。
おいらは普段は指とクンニで一度イかせてから挿入するのですが、どうもイきそうにありません。
今回は諦めて「口でしてくれる?」と聞きました。
英花さんは軽くうなずいて、ぱくっと咥えてくれました。
あまり慣れていない感じで気持ち良いとは言えなかったけど、新鮮な雰囲気で興奮してしまいましたよ。
勃起率120%でした。
ギンギンになったので英花さんは寝かせて正常位で挿入。
今回はコンドームを付けました。

その時やっと「あ、あ、あ~」と声を上げました。
おいらはいつものように緩急を付けてグラインド。

体位を松葉崩しへ持っていくと「え?」と言いました。
「どうしたの?」と聞くと「こういうの始めて・・・」
どうやら正常位しか経験が無いみたいです。

pおいらは知っているだけの体位を教えてあげました。
「しがらみ」「浮き橋」「首引恋慕」「こたつかがり」「こたつ隠れ」「時雨茶臼」などなど。
英花さんは「時雨茶臼」のような騎乗位が一番興奮していました。

「なんか恥ずかしい」と言いながら思いっきり腰をくねらせていました。
激しい彼女の攻めにおいらは不覚にも放出してしまいました。
彼女もほぼ同時に絶頂に達したようです。
おいらの上に倒れ込みました。

英花さんとはそれからも月に2~3回会っていましたが、最近妊娠しました。
あ!おいらの子供ではないですよ。ちゃんと旦那さんの子です。
赤ちゃんが出来たら会う回数が減るのが残念です。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。